新着情報

かき氷

毎日、蒸し暑い日が続いていますが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。

こうも、毎日暑いと冷たいものが食べたくなります。
夏の風物詩といえば、これ。
「かき氷」です。


かき氷を食べると「お祭りの縁日」や「家族」との思い出が思い出されるようで、
皆で和気あいあいと、思い出話に花を咲かせながら一緒にかき氷を頬張りました。


コロナの感染者数もなかなかピークアウトを迎えませんが
コロナや夏の暑さにも負けず、入居者の皆様と共に元気で過ごしてまいりたいと思います。


体験してみませんか?『アクアジム』

さくら荘デイサービスでは、リハビリの一環として、「アクアジム」での水中運動ができます。
月曜日から土曜日の午後1時20分頃より実施しています。
水着1枚持参していただければ、誰でもできます。


「ゆる~い水流、水温37℃の『アクアジム』」



「ウォーキング」 足を高く上げて・・・



「水かき」 手のひらで、たくさん水を後ろにかいて・・・



「開脚」 足を大きく広げて・・・



「バタ足」 右と左を交互に・・・



ご利用者様からは、「これすると、よう寝られるんや!」「次の日、足が軽いんや!」等、喜びの声が聞かれます。
興味のある方は、是非一度、体験してみませんか?お待ちしております。


夏といえば、夏祭り!

コロナ禍、また、暑い夏がやってきました。夏といえば、夏祭り!
夏祭りの気分を少しでも味わっていただこうと、レクリエーションの時間に「金魚すくい」ならぬ「スーパーボールすくい」で、すくった数を競い合い、楽しんでいただきました。



「うまいこといかんなぁ~⁉」「あっ! 破れた‼」



「わしの勝ちかな?」



ポイ使いに、ご利用者みなさんの性格が見え隠れします。
小さいものから慎重にすくわれる方、大きいものを豪快にすくわれる方、ポイが破れても粘り強く何とかすくおうとされ方、十人十色です。


スーパーボールをすくわれている方、周りで応援されている方々とが一体となり、みなさんの笑顔や声援、笑い声がとても印象的で楽しい時間となりました。


ドライブレク

さくら荘特養ではコロナ禍でも皆様に少しでも気分転換して頂けるよう日々レクリエーションを行っています。
先日行ったドライブの様子です。「久しぶりに外に出れてうれしかった。」「きれいな花やのう」とお言葉をいただきました。


7月に入り暑さも厳しさを増してきました。コロナウイルスの感染もありますが皆様が毎日を楽しく過ごして頂けるよう
工夫してまいります。


さくら荘避難訓練

さくら荘では1年に2回、職員と入居者の皆さんが参加して、避難訓練を実施しています。今回は、夜間に洗濯室から出火したという設定です。出火元に近い部署の職員が、消火栓と消火器で初期消火を行います。


出火元に近い居室の入居者様から、職員が退避場所に誘導します。


歩行困難な入居者様を毛布に載せ、誘導します。


今日の避難訓練は、無事終了しました。最後に屋外に出て、消火器の使用体験をしました。まず第一に火事を起こさないようにすること。万が一火事が起こった場合は、安全第一を考え、入居者さんを避難誘導することを学びました。