新着情報

そうめん流し

7月の11日から16日に、4Fの地域交流スペースでそうめん流しを行いました。
新型コロナ対策として、流れてくるそうめんを、感染対策をした職員や実習生が利用者様のお皿に取り分けるスタイルになりましたが、昨年は出来なかった竹にそうめんを流すことが今年は復活しました。
普段とは違う雰囲気に参加された利用者の皆様は楽しそうな様子で、また、海外からの技能実習生たちも日本の文化に触れるよい機会になったようでした。
非常に暑い日々が続いていますが、少しでも涼やかな気分を感じていただける行事となりました。
来年は新型コロナも落ち着いて、利用者さんが各々流れてくるそうめんを取って食べられるようになりますように。



さわやかな春風と微かに夏感じる昼食会(ユニット)

涼しげな晩秋の風とうららかな日差しが差し込む中、おりいぶ荘の庭園で昼食会をされる利用者様に伝う汗はやはり夏の訪れを感じさせます。皆さんが召し上がられているのは舌触りが良く、ちょうどいい辛さに仕上げられたカレーうどん。利用者様にも「外で食事すると一段とおいしいなぁ」と喜んで頂けました。




ユニット紅白対抗大運動会

快晴の青空が梅雨曇へと変わり始めるこの時期におりいぶ荘のユニットでは紅と白に分かれての運動会が行われました。ボールを投げる、もしくは転がしてピンを倒すゲームや自分のチームのカゴに向かって玉入れゲームが行われ、利用者の方々も大盛り上がりで大変楽しまれていました。終わった後にはおやつのパンも召し上がられ、「身体も動かせて美味しかった!」「大満足!」という声を多数いただいております。新型コロナウイルスの影響で満足に外に出る事が叶わないぶん、今後もこういった行事に取り組んでいきたいですね。




6月 グループホームでのおやつ作り 杏仁豆腐

6月は、杏仁豆腐を作りました。
利用者様には、杏仁豆腐の生地を混ぜたり、出来上がった杏仁豆腐に、シロップをかけたり、
クコの実をトッピングしていただきました。
皆さんおいしそうに召し上がられていました。




Lets’olive tea party !!(ユニット)

この時期のおりいぶ荘は毎年大忙し。なぜならおりいぶ茶会が開催されるからです!ユニットでは紅茶やケーキはもちろん、バナナとブルーベリーを牛乳と共にミキサーで混ぜて作るスムージーを提供致しました。バナナの優しい甘さとブルーベリーのほのかな酸味が絶妙に混ざり合ったスムージーは大変好評で美味しかったという声を多数頂きました!次も期待しているという利用者様の声もあった為、次回のお茶会への期待とハードルは上がってしまいましたが…☻